天巫先生の日記

2011-02-17

女性と男性

男性の心は女性よりも、心の容量が少ないように思います。人は、自分自身の心の容量を越えた情報や、感情が流れこんでくると、あふれてパニックをおこしてしまうものです。人は心に余裕がないと、相手のことを考えることができないものなのです。仕事で容量いっぱいになっている男性たちは、妻の話に耳を傾ける余裕がないのかもしれません。心の容量を越え、ストレス過剰になってゆくと、今度は自分自身を守るために、心にふたをしめようとします。そして、しだいになにごとにも無関心になってゆくのかもしれません。

「無関心とは究極の憎悪である」この言葉は私の持論です。最初は腹をたて、小言をいいますが、いつしかあきらめてゆき、いつしか無関心になってしまうのです。無口になってゆく、それは無言のサインなのだと思います。ひきこもりをされている人たちは、そうして無口になっていった、傷つき、疲れ果てた天使たちなのでしょう。天使はとても繊細で傷つきやすい存在だからです。

ラジオでお話していた心理学者の方は、称賛することが男性にとってなによりもの薬だといわれていました。それは女性に対してもおなじことでしょう。たがいに誉めあい、愛する思いを表現することがなによりも大切なことだと思います。「口にしなくてもわかってくれるはずだ」という、封建的な考えは捨てるべきかなと思います。

「男と女のあいだには深い川がある」という歌詞があります。しかし、それは異性間だけのことではありません。同性どうしであっても、理解しあえないし、わかりあえないものだと思います。ただ、同性の場合、異性よりは理解しあう条件がそろっているということでしょう。要は、おたがいに、男性と女性のちがいというものを認識することが大切なのだと思います。そのうえで助け合う努力が必要でしょう。人間関係というものは、創造しあうことだと思うからです。わかりあう努力をしないのは、怠慢というものです。相手がどんなにしても理解してくれなかったら、まずはこちらの意識を変えてゆくことです。別人に変えるのではなく、本来の自分自身に還るということです。

ちがうことを寂しく思わなくてもよいのです。いえ、ちがうからこそ、たがいに魅力を感じ、逢いたい、そばにいたい、相手となにかを共有したいと思うのではないでしょうか。もし、クローンの自分自身とずっといたら、すぐに飽きてしまうでしょう。いえ、自分のいやな部分がみえてきて、いやになってしまうかもしれません。

贅沢ざんまいの王族たちは、しだいにすべてに飽きてしまうそうです。そして、もっと刺激をもっと喜びをと望むのです。いつもが幸せならば、それがあたりまえとなり、喜びを感じなくなってしまうのでしょう。ときおりの喜びだからこそ、幸せだと感じるのだと思います。

トップへ戻る

※本サイトに掲載している写真・画像、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
メール占い専門館 (c)NABOO Inc. Rights Reserved.