Masami先生の日記

2021-07-31

〔手の持つチカラ〕

いつも日記をご覧くださり
ありがとうございます。

今日は7月最後の日ですね。
厳しい暑さと不安定な天候は毎年の事ですが
皆さま、夏の体調のトラブルには 
お気をつけくださいね。

今日は「手の持つチカラ」について
お話ししていきますね。

「看る」という字は
「手」と「目」という漢字で
成り立っています。

手でも目でも 寄り添うこと。

特別な訓練や資格、能力を
持っているいないに関わらず、
「手の持つ力」は 誰にでもあります。

触れることにより分泌されるオキシトシンは
ご存知の方も多いと思いますが、
喜びや 安心をもたらし、痛みのゲートの管理まで
その働きは 魔法の様だとも感じます。

そしてご自身が出しているエネルギーを
そのまま出しているのも「手」です。

大切な人を包みたい、触れてあげたい。
大好きな人に触れたい。包まれたい。

支えてあげたい。
支えてもらいたい。

背中を押してあげたい。
背中を押して欲しい。

地球に生きている全ての存在は
体温・温度を感じたいのかもしれませんね。

緊張すると自然とお腹に手がいったり
痛いところをさすったりするのも
それが 1番の癒し、 「てあて」になることを
本能的に知っているからです。

ご自身に 1番届きやすいのは、ご自分の手。
胸や、お腹、仙骨、気になる臓器の場所、顔…

手を当てたままゆっくりと深呼吸しましょう。
その場所が緩んできます。

眉間に指をあてて深呼吸すると
顔の筋肉が緩まり安眠を誘いますよ。

心の「てあて」が 必要な時には いつでもお声かけくださいね。

Masami

トップへ戻る

※本サイトに掲載している写真・画像、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
メール占い専門館 (c)NABOO Inc. Rights Reserved.