公開鑑定

虹子先生
2021-08-25

相談内容

私は学校事務のパートとして7年間勤務していましたが、体調不良と人間関係の悪化が原因で2016年3月末に退職しました。退職するときは後任の人を探したりマニュアルを作成したり大変でしたが、心から辞めたいと思っていたので後悔はありませんでした。

退職後も体調は依然としてよくならず、2016年は主に子どもたちの世話や家事をして暮らしていました。しかし、同居している私の母が2016年の夏ごろから徐々に物忘れをするようになり、私に何度も同じことを尋ねたり、心配事をしょっちゅう相談するようになり、私は家にずっといるとストレスが溜まるようになってきたため、少しの時間でも外に出たほうが良いと考え、2017年の4月からポスティングの仕事を始めました。
この仕事の給料は少ないのですが、時間的な拘束が少なく、また、一人でやる仕事なのでマイペースで人間関係に悩むことがないので、現在の自分には合っているかと思います。
母のほうは病院で見てもらい、物忘れに対応する薬を飲むようになりました。

私は体調がはっきりせず、また、子どもたちの世話もあるため、今すぐに別の仕事に就く気力が出ず、たぶんしばらくはポスティングの仕事をしつつ家事をやるという生活を続けることになるのではないかと考えています。

このような生活を今しばらく続けていっても問題ないでしょうか。そのことをうかがいたくお願い申し上げます。

鑑定結果

こんにちは。今回のご相談を回答させていただきます、虹子といいます。
どうぞお気を楽にしてお付き合いください。

今のライフスタイルのままでよいのかというご相談ですね。
結論から申し上げますが、全く問題ありません。
むしろ今のお仕事の在り方は、ご相談者様自身
非常にバランスが取れており
ご家族の関係性を保つ上でも最適な状態であることが伺えます。

ただ「このままでいいのかな?」と思う背景には
様々な要因があるようですね。

「私は素晴らしい人生を送ってもいいのだろうか?」
「自分がラクになる選択は人として間違っていないだろうか?」
「ほかの人は我慢してでも大変な仕事をしているのに、いいのだろうか」等
そんな思いのエネルギーがあるように感じます。

ご自身の体調、お母さまの物忘れの症状も
これらの思いが原因のようですよ。


医学的に言えば、ご相談者様の体調不良は
ストレスによる生活の乱れであるとか、
お母さまの物忘れは〇〇を食べていたからだとか
様々な見方があるでしょう。

私は医師ではありませんので、今回のご相談では
それ以前にある「病気や症状が、ご相談者様やお母さんが何を訴えたくて出てきているのか」という点についてお話しさせてください。

ご相談者様とお母さまに共通して言えることは
「ご自身を責めている」ということです。

本当に嫌なことがあって、きちんとした理由もあって学校のお仕事をお辞めになったのに
今のいい状態を受け入れられないご相談者様。

お母さまもまた、「娘をそんな状態にしてしまったのは自分のせいだ」と思っている部分があるようですよ。
お母さまは特にその思いが強く、何年もかけてその信じ込みを持ち続けていたようです。
それが今になって
「私にはもうこの問題を抱えきれない!」という域にまで来ているのでしょう。

物忘れなどから始まる認知症の表現には
「私はもう何も考えたくない。自分の人生に責任を持ちたくない」という意味が込められています。
この症状を発してしまえば、周りがなんでもやってくれるようになりますし、普通ではありえない困った行動をしても許してもらえるからです。

ご自身の体調も
「今のラクな生活でいいのか?」というご相談者様の思いが、「もう以前の職場のような環境には戻りたくない!」という本心からのメッセージを強く発動させ、「そっちに行ってはいけない!」と体調不良を起こさせるのです。

今のご自身を認めてしまえば、ずるずる続いてしまっている症状は緩和されるでしょう。

ポスティングのお仕事ですが、
ご相談者様が日々配達している広告には、人様が「誰かに〇〇を伝えたい!」という魂の表現が込められています。
それを自分の代わりに時間を割いて多くの人に伝えてくれるのは本当にありがたいことなのです。

「人を喜ばせたい」という魂を、ご相談者様が多くの人に届け、それを受け取った方がまた、新たな喜びを生むのです。
とても尊いお仕事ですよ。

どうぞご自分に自信を持って、自分を愛し
毎日をお過ごしくださいね。
公開鑑定を利用してみませんか?
※ご利用は無料です

トップへ戻る

※本サイトに掲載している写真・画像、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
メール占い専門館 (c)NABOO Inc. Rights Reserved.