公開鑑定

昭晴先生
2021-05-02

相談内容

今月結婚して、16年になりますが、今年に入り、あまりにも、わがままで、家族のことを考えず、娘にも悪影響になるので、離婚を考えています。

時期や、どうしたら、みんなが幸せになるか、アドバイスお願いします。

鑑定結果

始めまして。昭晴(あきはる)と申します。

公開鑑定をご依頼いただき、誠にありがとうございます。
このたびの公開鑑定は昭晴が担当させていただきます。
よろしくお願い致します。

ご本人様(坤命;○○○○年/○○月/○○日/○○時生まれ)

男女が会って一生を生きながら何の問題もなく生きていけば、それがむしろおかしいと思います。生まれながらに持っている遺伝因子も異なり、環境と成長してきた背景も異なります。しかし、全く違う環境と習慣で生きてきた二人が会って同じ空間でお互いに理解しながら生きなければならないのが夫婦です。

生きている間に生じる些細な葛藤や争いは相手を理解していく道具にしなければならないのは当然の義務です。夫婦間の意見や性向の違いが対立の瞬間になると、二人が結んだいい縁と悪い縁は明確に異なります。縁が良くて強いと、そんな葛藤がむしろ相手を配慮して理解しようとする気持ちになります。しかし、縁が弱ければ小さなトラブルにも傷つき、極端を走るようになります。

男女間の相性の大切さは誰とも否定できない真理だと思います。今まで運勢鑑定をしながらいろんな夫婦を見たがお互いの相性が悪く、運の流れまで悪ければ結局お互いに精神的、肉体的な傷を残して各自の行く道に行ってしまいます。やっぱり、異性間の相性は結婚する前に必ず確認しなければならないと感じます。

ご本人の場合は陰陽の観点や五行の構成からみれば、それぞれの気運がバランスよく安定的に組まれておらず、片方に偏っています。そして異性運に該当する気運も自分の命式内でとても弱く位置しています。

結果として他の状況を例外としてしても、異性運に対しては非常に悪い状況として作用すると判断されます。このような気運は普段はあまり問題ないが、その運勢と悪い相互作用をすることになると、悪い気がそのまま露出し、良くない結果になります。

夫も命式のパターンが本人と似ています。多分結婚してからまもなく夫の性向を知っていて、今までそういうものを耐えてきたと思います。ご本人は多分30代半ばにも離婚をしようとしたことがあるのです。周りの人や家族、特に子供たちに心の傷を与えられると思ったのでこの時間まで続いたと思います。

また、夫の問題が今年に入ってひどくなったとのことですが、既に予告されていて去年からひどくなると思います。基本的に夫の性向は他人に対する思いやりが足りず、自尊心が強すぎて保守的な性向です。簡単に言えば女性たちがとても負担に思うタイプだと言えます。そういうわけで今苦しい気持ちは誰より良く分かっています。

今の状況で本人が離婚しようとするのは切実ですが、いざ離婚をすれば経済的な状況と子どもに対する心配のため、簡単に離婚するのは難しいでしょう。 そして、夫も離婚について考えていないと思います。もし直接夫に離婚の話をしたら、夫は決して離婚に応じないと思います。心の中には本人への心がまだたくさんあります。それゆえ、夫と真剣に今後どうするか慎重に話し合う必要があります。もし対話の中でどんな明快な解決の糸口が見つからないなら、その時は思い切って行動に移しても遅くないと思います。

自分の性向も知らないうちに悪い運まで入ればその結果は見なくても分かることができます。 四柱命式より重要なのが本人の意志と努力です。
よく参考して賢明な判断をするように願います。

これで鑑定は、終わりになります。

最後まで読んで下さってありがとうございます。

鑑定の結果が気に入られるかもしれませんが、他のお問い合わせ事項がございましたらご連絡ください。

-昭晴-
休止中
公開鑑定を利用してみませんか?
※ご利用は無料です

トップへ戻る

※本サイトに掲載している写真・画像、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
メール占い専門館 (c)NABOO Inc. Rights Reserved.